素肌美人になりたいの

オーガニックコスメを中心とした美肌のためのスキンケアブログ。シンプルでナチュラルなものが好きです。ヘルシーに女性を楽しむ🌳

【紫外線吸収剤】日焼け止め成分の効果の違いは?おすすめUV機能付きファンデ・BBクリーム

f:id:serenature:20200318193116j:plain

だんだんと紫外線も強くなってきて化粧品のSPFも気になり始める時期です。

もう今年はUVアイテムは購入しましたか?

しかし最近はドラッグストアやネットで日焼け止めを選ぼうとしても物凄い数の商品があって選ぶのも一苦労ですよね、、笑

でも、そんな日焼け止めもなんとなくで選んだら絶対にもったいない!!!

どれだけUVケアを丁寧にしたかで、お肌の老化のスピードは大きく変わりますから絶対に手抜きはしてほしくなくて

私自身サーフィンで一年中海にはいるし、南半球の日本の7倍の紫外線も経験しているので紫外線のダメージの大きさは身をもってわかっているつもりです。

今日は、お肌に優しく低刺激というのをキーワードに日焼け止めの選び方を解説していきます。

日焼け止め成分・効果の違い

日焼け止め成分に紫外線吸収剤紫外線錯乱剤の2種類あるというのはご存知でしょうか。

最近では紫外線吸収剤フリーなどを謳う製品もよく目にしますよね。

でも紫外線吸収剤が悪なのかと言うと実はそうではありません。

吸収剤も錯乱剤もメリット・デメリットはあるのでそれぞれの特徴を生かしてうまく使い分ける事が大事なんです。

ここからはその違いについて解説していきます。

紫外線吸収剤のメリットデメリット

 

f:id:serenature:20200318101936j:plain

紫外線吸収剤は、紫外線が当たると化学変化をおこし、その時に紫外線を熱エネルギーに変え、肌へ侵入するのを防ぎます。

紫外線ブロック効果が高いのが特徴ですが、この肌の上で起こる化学反応が皮膚への刺激となる場合もあります

お肌のコンディションや製品との相性によってヒリヒリしてしまったりすることもあるので注意が必要。

メリット

・錯乱剤に比べて紫外線ブロック効果が高い

・色が透明で白浮きせず、伸びがよくきしみにくい(使用感の良さ)

・ウォータープルーフ処方が可能

デメリット

・肌の上で起こる化学反応が肌の刺激になることも

・一定量紫外線を吸収すると効果が落ちるので塗りなおしが必要

・血中に取り込まれやすい(ただその影響は不明)

最近では、紫外線吸収剤は皮膚から吸収され血中に取り込まれることが分かっており、まだその影響が解明されていないことから使用避ける人がいるのも事実。

紫外線錯乱剤のメリットデメリット

 

f:id:serenature:20200318101952j:plain

 紫外線錯乱剤は、酸化チタンなどのミネラルパウダーが、紫外線を肌の上で乱反射させてブロックします。

吸収剤とちがって化学反応を起こさないので肌刺激が少なく、紫外線による物質の劣化がないので効果持続がながい事が特徴です。

メリット

・天然のミネラルパウダーで皮膚刺激性が吸収剤に比べて穏やか

・光で劣化しないので紫外線ブロックの持続効果が長い

・ミネラルパウダーによる肌色補正効果がある

デメリット

・吸収剤と比べて紫外線ブロック効果が弱い

・肌に乗せた時、白浮きやきしみを感じやすい

・汗に弱い傾向がある

 使用感は白浮きしやすかったり、汗に弱いという特性もあるので状況によっては、塗りなおしたり、吸収剤と併用するなどの工夫が必要です。

紫外線吸収剤と錯乱剤はうまく使い分けるか併用が◎

私は以前吸収剤でお肌がヒリヒリしてしまったことがあるので、基本的には錯乱剤を使用している日焼け止めを選ぶことが多いです。

ただ吸収剤でも、ものによっては比較的皮膚刺激が少ないものもありますし、紫外線の肌へのダメージを考えると、状況によっては紫外線吸収剤を使ってあげた方がお肌のダメージを少なく抑えることができることももあります

だからお肌の調子を見ながら、状況によって使い分けるのが効果的だと思っています。

おすすめのUVベースメイク 5アイテムを紹介

私が普段愛用している、優秀ベースメイクアイテム達を紹介します。

共通するポイントとしては、ナチュラルな仕上がり石けんで落とせる優しい処方オフした後の肌の疲労感の少なさです。(※個人としての感想)

ラロッシュポゼ UVイデアXLプロテクションBB

f:id:serenature:20200318193147j:plain

SPF50+ PA++++

(紫外線吸収剤+紫外線錯乱剤)

紫外線吸収剤配合でしっかりSPF・PA値ともに高いのに、肌負担を感じにくいBBクリームです。

同時に紫外線錯乱剤も入っているのでダブルで紫外線をブロックしてお肌の色もパッと明るく見せてくれます。

仕上がりはしっとりめでナチュラルなツヤ肌に仕上がるのでお気に入り。

ラロッシュポゼ UVイデアXLプロテクションBB

(公式サイトラロッシュポゼ)

シゲタ スキンパーフェクションBB

f:id:serenature:20200318193205j:plain

SPF30+ PA+++

(紫外線錯乱剤)

とにかくスキンケア効果が高いBBクリーム。

ザクロオイル、ローズヒップオイル、ラズベリーオイルなどの美容成分たっぷりのスーパーフードオイルを配合しているからか、落とした後に肌がぷりぷりなのがすごい!

仕上がりはツヤ肌仕様で、使うと大体お肌を褒められる素敵BB。

休みの日はこれ1本で仕上げる事が多いです。

SHIGETA スキンパーフェクション ライトベージュ

SHIGETA スキンパーフェクション ミディアムベージュ

(公式通販サイトシンシアガーデン)

ナチュラグラッセ メイクアップクリームN

f:id:serenature:20200318193225j:plain

SPF44+ PA+++

(紫外線錯乱剤)

下地・日焼け止め・ファンデーションの役割を担うオールインワンクリーム。

カテゴリとしてはCCクリームと言ったところ。とにかく仕上がりのツヤ感がすごく綺麗。

私が選んだシャンパンベージュは、大きさの異なるシルバーパールと微細な偏光レッドパールをブレンドしているのでくすみも飛ばしてくれるので、つやっぽい素肌感を残しながら、しっかり肌色補正をしてくれるのが魅力。

ただ、小鼻周りはテカリやすいのでこまめなお化粧直しは必要。

ナチュラグラッセ メイクアップクリーム

(公式サイトネイチャーズウェイ)

ナチュラグラッセ クリアパウダーファンデーション

f:id:serenature:20200318193247j:plain

SPF40+ PA++++

(紫外線錯乱剤)

高SPFに加えてPA値が最高値で、肌の内部にがっつり届いてコラーゲン繊維を破壊するA波をしっかりブロックできるのがうれしい。

コンパクトが小ぶりで鏡付きなので持ち歩きに便利で、塗り直しに適しているのでお気に入り。

パウダーですがけっこうしっとりめなので、厚塗り感が出ずナチュラルに仕上がるのもうれしい。

ナチュラグラッセ クリアパウダーファンデーション

(公式サイトネイチャーズウェイ)

ナチュラグラッセ ルースパウダー

f:id:serenature:20200318193301j:plain

SPF40+ PA+++

(紫外線錯乱剤)

紫外線カットをしながら肌をふわっと仕上げる、天然ミネラル由来のルースパウダー。

ふわっとした質感でお肌をサラサラに仕上げてくれます。

薄付きでしっかりつけてもナチュラルな肌感を保てるのが優秀。

ナチュラグラッセ ルースパウダー

(公式サイトネイチャーズウェイ)

おすすめ5アイテムをシーン別、SPF・PA値、成分で使い分け

場所やシーンによって選ぶべきSPFの数値やベースメイクアイテムも違います。

シーン別に私が選ぶUVアイテムの目安を一例として紹介していきますね!

使い方1:直射日光に当たる日、がっつりブロックしたい日

f:id:serenature:20200318194329j:plain

SPF・PA値目安:SPF50+ PA++++

UVケア成分:紫外線吸収剤・紫外線錯乱剤併用

アイテム:❶ラロッシュポゼBB、❹ナチュラグラッセパウダーファンデ、❺ナチュラグラッセルースパウダー

 日中の日差しが強めで、あぁこれは絶対焼けるわ、、という時はUV効果の高い紫外線吸収剤を選ぶことが多いです。

べースに紫外線吸収剤入りのクリームやファンデーションを塗り、上から錯乱剤のパウダーなどを塗るようにしています。

イメージとしては、錯乱剤が表面をヴェールのようにカバーして紫外線をブロックし、その隙間を抜けて入ってきてしまった紫外線を下で吸収剤が吸収するようなイメージです。

❶ラロッシュポゼのBBとナ❺チュラグラッセのパウダーで仕上げて、お直しは❹ナチュラグラッセのパウダーファンデをこまめに塗りなおす事か多いです。

使い方2:普段メイク、通勤時、カフェ・ランチなど

f:id:serenature:20200318194311j:plain

SPF・PA値目安:SPF30+ PA+++ 前後

 UVケア成分:主にに紫外線錯乱剤入りのベースメイク

アイテム:ナチュラグラッセ ❸メイクアップクリーム、❹パウダーファンデ、❺ルースパウダー

通勤や買い物やランチなどの基本的に室内で過ごすけれど、移動などで少しだけ日に当たる場合は軽めの数値のものでOK。

普段のベースメイクはナチュラグラッセ縛りがお気に入り。

紫外線ブロックの数値も高めなのに肌にやさしくて仕上がりもナチュラルでつやっぽく仕上がるから普段メイクにぴったりなんです。

❸メイクアップクリームに❺ルースパウダーをのせて仕上げて、出先では❹パウダーファンデでお直しすることが多いです。

使い方3:休みの日に軽めの外出がある時など

f:id:serenature:20200318194345j:plain

SPF・PA値目安:SPF20~30 PA++ 前後

UVケア成分:紫外線錯乱剤入りの軽めのベースメイク

アイテム:❷シゲタBB、❺ナチュラグラッセのパウダーなど

 基本的に室内で過ごし、軽く外出するくらいならSPF20~30くらいでOK。

ただ室内に居ても、肌の内部でコラーゲン組織を壊すUV-A波はガラスも透過してくるので何も塗らないのはNG。

紫外線A波を防ぐPA値は最低限チェックしたいところ。

私はお休みの日は基本的に❷シゲタのBBのみ。

ちょっと外に出るときは❺のパウダーを重ねたりしますが、シゲタのBBのツヤ感が好きなのでこれ1本で済ますことも多いです。

とにかくスキンケア効果が高いBBクリームなので、落としたあと肌がプルプルなのが嬉しい!

まとめ 

今日はおすすめのUVベースメイクとその使い分けを紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。

お肌に優しいUVケアやベースメイク、ナチュラルな仕上がり、ツヤ肌っぽく仕上げるベースメイクを探している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

SERENA