素肌美人になりたいの

オーガニックコスメを中心とした美肌のためのスキンケアブログ。シンプルでナチュラルなものが好きです。ヘルシーに女性を楽しむ🌳

オイルマニアの私が語る美容オイルの肌への3つの効果。使い方やおすすめのオイルも紹介

f:id:serenature:20200323193922j:plain

年齢を重ねるにつれて、肌の乾燥や小じわなども気になり始め、、

そろそろ自分のお肌ともちゃんと向き合わなきゃな、と感じている方もきっといらっしゃいますよね。

そんな年齢を重ねたお肌のケアにおすすめなのが美容オイル

私自身、肌の年齢を感じて使い始めたスキンケアで一番肌の変化を感じたのが美容オイルです。

それからオイルの魅力にどっぷりとはまって色々なオイルを試しました。

(アルガン、ホホバ、ローズヒップ、スクワラン、アボカド、ココナッツ、シアバター、カレンデュラ、アプリコット、ツバキ、その他にもブレンドオイルやオイル美容液等々。)

オイルの種類によって質感や効果も違いますが、オイルの効果として一つ確実に言えるのは肌の手触りが明らかに変わる事

今日はその変化についてお話していきますね!

私が肌で感じた美容オイルの3つの効果

f:id:serenature:20200323195305j:plain

1.肌のごわつきがなくなりピーリングが不要に

2.キメが整ってベースメイクの仕上がりが劇的に変わった

3.肌が柔らかくなり乾燥知らずのモチモチ肌に

 

 美容オイルを使い始めてから肌のゴワゴワ感やガサガサ感は本当になくなりました。

オイルの効果は、なんといってもその保湿力の高さ。

まず、お肌にとって最高の保湿成分は皮脂です。

皮脂に近い成分(オイル)を補うことで、皮脂が持つ肌の保湿機能をガッチリと底上げできるんです。 

 

実際の私の体感としては、

オイルで肌をしっかり保湿し続けることによって徐々に肌が柔らかくなっていくのを感じました。

(イメージは固くなった革のカバンがオイルを塗り続けることによって柔らかくなっていくようなかんじ。笑)

肌が潤っていると肌表面のガサガサが目立ちにくくなります。

そうして肌を保湿し続けていくと、肌のターンオーバーが正常なサイクルに戻ってくるのか、ガサガサ自体があまり出にくくなり、数カ月続けるうちにしっとり柔らかいモチモチとしたお肌に近づくことができました。

 

スキンケアやメイク時に感じた変化は、

肌のごわつきが気にならなくなり、ピーリングが要らなくなったこと

以前は肌のごわつきのせいでベースメイクがなかなか綺麗に仕上がらず、古い角質が溜まってるところにファンデーションが溜まったりしてしまい、毎週自宅でのピーリングやゴマージュのケアが欠かせませんでした。

 でもだんだんと肌のごわつきがなくなり肌のキメが整うようになると、ベースメイクが綺麗に仕上がるようになりました。

その時どんなにいいファンデーションを使うより、素肌を綺麗にするほうが肌は断然きれいに見えると心から実感しました。

 

オイルが肌に良い理由は肌の機能を底上げするから

まず美容オイルは、主にグリセリンに脂肪酸がくっついたもので、油脂とも呼ばれます。そして皮脂の主成分も油脂

つまりオイルが肌の大事な保湿機能として働く皮脂をサポートしてくれるのです。

(※脂肪酸の構成が皮脂に近いものほど肌なじみが良く、皮脂の働きをサポートしやすくなります)

 色々使ってみて思ったのは、皮膚の役割を超えて栄養や美容成分を補うより、肌が本来持っている働きをしっかり全うさせてあげる方が大事ということ。

美白コスメやシワたるみに良いというなコスメを取りつかれたかのように片っ端から試していた時よりも、肌が本来持っているの機能を働かせられるようなスキンケアをしているほうがずっと調子がいいんです。

 特に年齢を重ねるにつれてどんどん減ってくる皮脂。

オイルは皮脂の肌にとって重要な働きをサポートしてくれるのです。

美容オイルのおすすめ4つの使い方

f:id:serenature:20200323195432j:plain

オイルの使い方は上げだしたらキリがないくらいありますが、私のお気に入りの使い方をお話ししますね!

ブースターオイルとして化粧水前に

化粧水前にオイルをお肌に塗ることによって、肌が柔らかくなると化粧水が馴染みやすくなります

また、水分と馴染みやすいオイルだと角層の中で水分と油分のバランスを整えてくれるので、化粧水の入りが良くなるんです。

ただ、塗りすぎたらオイルなので当然ですが水分をはじいてしまいます

3,4滴くらいで様子を見ながら塗ってみて、化粧水の入りが悪かったらオイルの量を少しへらしてみてください。

ブースターとしておすすめなのはアルガンオイルホホバオイル

どちらも肌なじみの良いオイルです。

スキンケアの最後に仕上げ保湿として

スキンケアの最後に塗ることによって皮脂膜のようにお肌の表面を覆い、お肌の水分が蒸発するのを防ぎます

とてもベーシックな使い方ですがオイルで仕上げるとお肌がやわやわモチモチになるからとてもお気に入り。

オイルの質感があまり好きではない方は、お手持ちの乳液や美容液に数滴混ぜて保湿力をプラスしてあげるのもあり!

バスタイムにお肌や頭皮のオイルパックとして

バスタブで温まりながら、顔や頭皮をオイルでマッサージするのも好きです。

毛穴にたまった皮脂汚れを浮かしやすくしてくれるので週に1回くらいのペースでスペシャルケアとして取り入れるのもおすすめです。

お顔の場合は、クレンジングでお化粧などの汚れを落とした後のお肌に。

頭皮の場合は、髪を濡らす前の乾いた頭皮につけた方がオイルが皮脂汚れに馴染みやすいのでおすすめ。

ベースメイクに1滴混ぜてツヤ感と保湿力を底上げ

ファンデーションやBBクリームに1滴足して仕上がりのツヤ感をアップさせるのも大好きな使い方。

ちょっとマットすぎるかな、、厚塗り感でるなぁ、、というアイテムに1滴足すとつやっぽくややナチュラルな仕上がりになるんです。

更に、オイルの保湿力が加わるから時間がたった時に乾燥を感じにくいのも◎

いまいちうまく使いこなせていないファンデーションなどがある方は試してみる価値ありです!

3つの肌質別おすすめ美容オイル3パターン

f:id:serenature:20200323194252j:plain

色々な種類のオイルがありますが、肌質や目的によって適したオイルは変わってきます。

3つの肌質に分けておすすめのオイルを紹介していきますね!

敏感肌や肌の乾燥にオールマイティに使える万能オイル

f:id:serenature:20200323195346j:plain

アルガンオイル

ホホバオイル

馬油

人間の皮脂に近いと言われているオイルです

皮膚への刺激が低く、保湿力が高いので、ボディや顔はもちろん、皮膚の薄い目元にも安心して使えます。(※すべての人に刺激がないというわけではありません。)

香りやテクスチャーも癖が少なく使いやすいオイルです。

オイルを初めて使う方や、ベーシックなオイルを使いたい方におすすめ。

年齢肌のスキンケアにおすすめのオイル

f:id:serenature:20200323194641j:plain

ローズヒップオイル

カレンデュラオイル

アルガンオイル

 お肌の老化(酸化)には、お抗酸化作用や、皮膚再生を助けるビタミンがカギとなります

ローズヒップオイル、カレンデュラオイルにはビタミンA、アルガンオイルにはビタミンEが豊富に含まれているので、お肌にハリを与えてキメを整えてくれます。

ニキビや吹き出物ができやすい肌におすすめオイル

f:id:serenature:20200323194702j:plain

・ホホバオイル

・スクワランオイル

ニキビにはオイルは良くないイメージってありますよね!

でもすべてのオイルがよくないわけではなくて。

ホホバオイルの主成分のワックスエステルや、スクワランオイルに含まれるスクアレンは比較的アクネ菌のエサになりにくいので比較的ニキビ肌の方でも使いやすいオイルです。

気を付けたいのは皮脂の成分に近いオレイン酸が多く含まれるツバキオイルやオリーブオイル。

ニキビが気になる時に顔に塗るのは避けた方がいいです。

まとめ

オイルを使ってみて私が実際に感じた肌の変化や、おすすめの使い方などをお話ししましたが、オイルの魅力はすこしでも伝わりましたでしょうか?

美容オイルは肌の乾燥やゴワつきを感じている方色々スキンケアは試しているけどいまいち効果が感じられていない方に試してみてほしいスキンケアです。

オイルはとてもシンプルでスキンケアの基礎と呼んでもいいものだと思っています

美容オイルを使ってみようかなー、と思った方はぜひこの機会にチャレンジしてみてくださいね!

SERENA