素肌美人になりたいの

オーガニックコスメを中心とした美肌のためのスキンケアブログ。シンプルでナチュラルなものが好きです。ヘルシーに女性を楽しむ🌳

オーガニックコスメって良いの?私が思うメリットデメリット

オーガニックコスメのイメージってどんなものでしょう?

肌に優しい?自然に優しい?効果が弱い?

私はなんとなくナチュラルだから肌に優しいんじゃないのかな?と思って興味をもち始めました。

実際に使ったり勉強していくと、イメージとは違う部分も見えてきたり。

でも私はメリットデメリットをひっくるめてもオーガニックコスメが好きですしヘルシーで魅力たっぷりなオーガニックコスメの良さや特徴をお伝えしていきますね。

オーガニックコスメとは?

 f:id:serenature:20200115011220j:plain

 まず、オーガニックという言葉の意味から。

オーガニックは、有機と同じ意味です。

農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地・そこに生物など自然の恵みを生かした農林水産業や加工方法をさします。

出典:http://www.jona-japan.org/qa/

 つまりオーガニックコスメとは、農薬や化学肥料に頼らず育てられた植物の成分を主原料として作られたコスメを指します。

日本ではまだオーガニックコスメの歴史は浅くオーガニックコスメとしての定義があいまいですが、ドイツやフランスをはじめとするオーガニック先進国では、オーガニックコスメの認証機関がいくつも存在し、厳しく明確な認証の定義が設定されています。

一番有名なのは、国際的な認証機関であるフランスのECOCERT(エコサート)、また、EUのNaTrue(ネイトゥルー)、オーストラリアのACO(アコ)なども主要な認証機関のひとつです。

日本のメーカーでも世界的な機関の認証を受けているものもいくつか存在します。

オーガニックの逆はケミカルコスメ?

f:id:serenature:20200115010057j:plain

よくオーガニックコスメの引き合いにだされるのがケミカルコスメです。

オーガニックが植物由来だとすると、ケミカルは化学成分由来といったかんじです。

防腐剤や洗浄成分、使用感を良くする成分に化学成分を配合しています

こういう風に書くと、肌に良くないように聞こえてしまうかもしれませんが実はそんなことはないんです。

以前ポリマーとかパラベンがよくないとか、ミネラルオイルでシミができたとかそういう噂とかその他合成成分は肌に悪い系の情報は今でも流れる事ありますよね。

でも実は、それも誤った情報だったことが研究で判明したり、今ではかなり技術も進歩していますし以前話題に上った成分も敏感肌でないかぎり限りなく無刺激に改良されていたりもします。化粧品の研究開発者の方々はすごく熱い思いをもって商品を作っているのも知っています。

だから私はオーガニックかケミカルかのどちらが良いくてどちらかが悪いということはないし、どちらを選ぶかにこだわる必要性もなく、単純に自分が使っていて心地のいいものを選択するものだと思っています

私はオーガニックが好きなので基本的にはオーガニックコスメを使用しますが、その日の肌コンディションや、場面に応じてケミカルコスメも取り入れます。

 大事なのはスキンケアで必要とされる機能が果たせているかどうかなんです。

美肌に必要なスキンケアの基礎的要素

f:id:serenature:20200115010548j:plain

まず、スキンケアで絶対必要な要素があるのでそれをお伝えしたいのですが、ずばりそれは保湿UVケア

この二つさえできていれば健康な肌は保てるんです。

スキンケアでケアできるのは肌表面厚さ0.02ミリの角質層まで。

その角質層の役割は、水分を蓄えることでバリア機能を働かせ、外部からの刺激から肌を守ることです。

また、肌を老化させる原因は老化、紫外線、ストレス、生活習慣、外気の汚れなどがあるのですが、その中でも紫外線による光老化が8割と言われています。

シミとかシワとかは、角質層よりも深い部分、つまりスキンケアが入り込めない領域で起こっている事なので、即効性を求めるなら美容医療、それ以外なら食事などで肌の元となる栄養を補うとか、代謝を上げるために運動の習慣を取り入れるとか、冷え改善で体を温めるのよう工夫するとかしっかり睡眠をとるとかした方が断然肌は綺麗になります。

だから、生活を整えるのは大前提の上で、スキンケアでやるべき事は保湿とUVケアくらいなんです。

でもそれを徹底してしっかりやるだけで肌は大きく変わります。

言ってしまえば、保湿とUVケアが充分にできるのであれば、化粧品はなんでもいいんです。

でもどうせ選ぶなら、ナチュラルで自然な香りで使っていて幸せを感じられるものがいいから私はオーガニックを選ぶんです。

オーガニックコスメのメリット

f:id:serenature:20200115010631j:plain

 ナチュラルで安全性が高い

合成化学成分を排除し無農薬で栽培された植物を原料としているので安全性が高いと言われています。

先ほどケミカルコスメも肌に悪い事はないとお伝えしましたよね。

ただ、ケミカル成分は技術によって健康な肌にはほぼ無刺激になっているものの、肌に良いという事はないと思うんです。

以前私は加工食品や味の濃い化学調味料の摂りすぎで体調もメンタルも崩し、自分で食材を購入して調理するようにしてから体調も回復した経験があります。

化粧品も一緒で、毎日使うものに少しでも肌の負担になる可能性があるものが入っていたらいつかはそのツケが回ってくるはずです。

だから毎日使うものは、自然なものを使いたいんです。

 

 

香りが良い

私はとにかくオーガニックの化粧品の香りが好きなんです。

植物の香りとか、精油の香りとかがふわっと香るとすごい幸せな気持ちになるし、

オイルとかでも、その原料の香りを感じると嬉しくなるんです

でもこれは完全に好みの問題ですね!

例えばシャネルの化粧品みたいなザ・化粧品な香りが好きでそれに幸せを感じる方もいらっしゃいますし。

私は自然なアロマっぽい香りが好きなので、オーガニックコスメの香りは大好きです。

 

植物の力はあなどれない

よくオーガニックは効果を実感しにくいとか、意味ないという意見もありますが、私はそうは思いません。

厳しい紫外線のなかで生き延びることでできた成分、一気に成長させるための成分、乾燥から守る成分とか、植物は色々なパワーを秘めています

ケミカルコスメのような即効性はありませんが、使っていくうちにその効果をじわじわ感じてくるんです。

 

デメリット

f:id:serenature:20200115011300j:plain

敏感肌には刺激になる可能性も

植物由来なので、敏感な方だとアレルギー反応や、炎症をおこす可能性もあります。

お肌が弱かったり、アレルギー体質の方が使用する際は、パッチテストをしてから使用することをおすすめします

 

使用感が劣る可能性がある

使用感をよくするための化学成分が配合されていないので、どうしてもケミカルコスメのような使用後のすべすべ感ツルツル感などがでないなど、使用感が劣ることがあります

また、防腐剤も自然由来のものなので、保存可能期間が短かったり保存方法に気を遣う必要があったりもします。

でもそれもひっくるめてオーガニックコスメの良さでもあるんですけどね。

 

値段が高い

有機栽培の植物が原料となるので当然原価も上がり、価格が高くなります。

高い金額を払っても得たいと思える良さがあるからオーガニックを選んでいますが、よく探せば比較的低価格で高品質なものも存在します。

ただ、値段の安いオーガニックコスメは、成分をみると普通のケミカルコスメと変わらないものもあるのでそこは確認をした方が良いです。

 

まとめ

オーガニックコスメのメリット安全性の高さ香りの良さ植物のパワー

デメリット低刺激とは限らない使用感が劣ることもある価格の高さ

 

とにかくスキンケアは自分が使って心地いいと感じるものを使うことが大切です。

オーガニックコスメは、健康志向な方ナチュラルなスキンケア、新しいスキンケアを試してみたい方にお勧めです。

ぜひオーガニックコスメの魅力を感じてみてください。

 

SERENA